大阪市和らぎ治療室 なごみが腰痛治療・坐骨神経痛治療を行います|椎間板ヘルニアと神経の関係 大阪(20170908)

学習会のお知らせ

  • HOME
  • >
  • 学習会のお知らせ

椎間板ヘルニアと神経の関係 大阪(20170908)

  • 椎間板ヘルニアと神経の関係 大阪(20170908)
2017/09/08

椎間板ヘルニアという名前を良く聞くと思います。

最近はこの名前をつけない傾向がありますが、まだ大阪ではつけるドクターもいます。

IMG_0239.JPG

椎間板が飛び出して神経を圧迫するということですが、神経を押さえつける力が強いと、運動麻痺となります。しかも痛みという感覚があるということは神経の伝達は正常です。

神経自体は痛みを感じるものではないので、切断しても痛みは現れません。

手術をしたけれど痛むといえば、リハビリを頑張ってくださいといわれます。

1回の手術だけでなく、2回目の手術をした方もおられます。

 

形や構造物を美しくしても良くなっていません。

 

神経の先端部に異常があるから痛むということは、

その先端部の筋肉が硬くなっています。

筋肉が硬くなると、血行不良が下半身にも起こります。

下半身のお知りやふくらはぎの筋肉が、自然と固まって、痛くなってしまいます。

太ももの裏が硬くなっていくと、坐骨神経支配の筋肉「大腿二頭筋、半腱様筋 半膜様筋」(ハムストリングス)が痛く感じます。

原因は腰の筋肉です。

腰の筋肉を軟らかくしていくと、お体は楽になっていきます。

血液循環が良くなっていきます。

硬くなった期間が長いと

たとえば5年硬いと、血行不良が同じだけ続いているので、施術回数はかかってしまいます。

自分でも軟らかくできれば・・・・

当院の施術は、自宅でもメンテナンスしていただき

患者様と共同で進めていきます。

ぜひ、ご連絡、お電話をお待ちしております。

 

腰痛のセミナー

************
無料施術動画を受け取る

http://www.itaminashi.com/?=M00477

施術内容について

患者様からの質問集

************

應治和也 

お問い合わせ

0721-28-2020

新大阪和らぎ治療室なごみ

大阪市東淀川区東中島1-17-5 スチュディオ新大阪1006号室

南大阪和らぎ整骨院なごみ

大阪府富田林市高辺台2-9-15

0721-28-2020

一覧へ戻る

お問い合わせ・ご予約

  • tel:0721-28-2020

  • Mail form

施術を受ける・体験する

和らぎ治療室 なごみ

〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪1006号室
<車でのアクセス>
新御堂で新大阪方面へ
ダイキンエアコンの看板があるビルです。※近隣駐車場がございます。
<電車でのアクセス>
新大阪駅東口から2分

大阪市で腰痛治療や交通事故治療をお考えの方は、緩消法認定院の和らぎ治療室 なごみへお越しください。
全国で5人だけが習得できた軟らかくできる施術で、ご満足いただける治療を致します。
また自分で治せる方法を学べる学習会も行っております。是非ご利用いただいて、一日でも早く痛みや苦しみから開放して頂ければと思います。

  • 完全予約制 8:30-20:30
  • Tel:0721-28-2020
  • Mail form

Page Top