大阪市和らぎ治療室 なごみが腰痛治療・坐骨神経痛治療を行います|家庭での腰痛対処について

家庭での腰痛対処について

  • HOME
  • >
  • 家庭での腰痛対処について

腰痛は家庭でも対処できることがあります。

腰痛をそのままにしておくと、様々な不調に繋がる恐れがあるので、早めにケアをすることが大切です。
痛みを緩和させるために改善法を調べたり、人から聞いたりして、色々と試している方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、家庭での腰痛対処についてご紹介いたします。

寝ている状態で痛む場合

寝相は人それぞれ違うので、仰向けの状態で痛む方もいらっしゃれば、何度も向きを変えないと痛む方もいらっしゃいますし、複数の状態が痛むことだってあります。
そのような場合は、腰に負担のかからない横向きになって、息を吐きながらエビのような姿勢で寝たり、脚の間に座布団や抱き枕を挟んだりすると負担が減らせます。
寝ている間は無意識に寝返りを打ちますので、自然と楽な姿勢をとるようになります。

座っている状態で痛む場合

立っている状態より座っている状態の方が、腰まわりの筋肉が緊張してしまうので、強張った筋肉が疲労するのと同時に、血液の循環まで滞らせてしまいます。
そのため、負担をかけない正しい座り方をすることが大切なのです。

椅子に座る時は深く腰掛けるようにし、背筋を伸ばした状態で腰を少しそらせて背もたれに寄りかかる座り方が、腰痛を防ぐ理想的な座り方といえます。
しかし、いくら負担をかけない座り方をしても、長時間同じ姿勢だと腰痛や肩こりなど原因になるので、時間をみつけて軽いストレッチをするようにしましょう。

立っていても痛む場合

立っている時や歩いている時に起こる腰痛は、椎間板や椎間関節の歪みが原因の場合が多く、このような状態から悪化してしまうと、椎間板ヘルニアになってしまう恐れがあります。
症状を悪化させないためには、同じ部分に負担をかけないように気をつけることがポイントです。

両足に均等の負荷をかけるのではなく、右足、左足と重心を移動するようすることで負担の分散が可能です。
その他にも、骨や筋肉が硬くなっていることも原因になるので、身体を柔らかくするケア方法として、日頃からストレッチを行うことが大切です。

病院で診てもらっても、一向に良くならない慢性的な腰痛でお悩み方は、当院にご相談ください。
当院では、施術の他にも腰痛改善法が学べる学習会や、痛み改善セミナーなども開催しております。

お問い合わせ・ご予約

  • tel:0721-28-2020

  • Mail form

施術を受ける・体験する

和らぎ治療室 なごみ

〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪1006号室
<車でのアクセス>
新御堂で新大阪方面へ
ダイキンエアコンの看板があるビルです。※近隣駐車場がございます。
<電車でのアクセス>
新大阪駅東口から2分

大阪市で腰痛治療や交通事故治療をお考えの方は、緩消法認定院の和らぎ治療室 なごみへお越しください。
全国で5人だけが習得できた軟らかくできる施術で、ご満足いただける治療を致します。
また自分で治せる方法を学べる学習会も行っております。是非ご利用いただいて、一日でも早く痛みや苦しみから開放して頂ければと思います。

  • 完全予約制 8:30-20:30
  • Tel:0721-28-2020
  • Mail form

Page Top